山梨不明女児の母親を脅迫 男に有罪判決

 昨年9月、山梨県道志村のキャンプ場で行方不明となった当時小学1年の小倉美咲さん(8)の母親=千葉県成田市=に、会員制交流サイト(SNS)で「殺すぞ」などとメッセージを送ったとして、脅迫罪に問われた静岡県函南町の才津勝二被告(31)に千葉地裁(金子大作裁判官)は19日、懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。

 金子裁判官は判決理由で「根拠のない情報に接し、身勝手な憤りから犯行に及んでおり、酌むべき事情は何もなく、内容も陰湿」と非難。一方で、「前科がなく、罪を認めていることなどを考慮すれば執行猶予が相当」とした。

 判決などによると、才津被告は昨年10月~今年2月、美咲さんの母、とも子さん(37)のフェイスブックアカウントに「お前が犯人だろ」「自首しろ」「殺しに行く」などと11回にわたって、スマートフォンでメッセージを送信し、脅迫した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ