「夜も眠れず」不明女児の母親、SNS脅迫の恐怖語る 千葉、男に有罪判決

 山梨県道志村のキャンプ場で昨年9月、行方不明となった千葉県成田市の当時小学1年、小倉美咲さん(8)の母、とも子さん(37)に、会員制交流サイト(SNS)で「殺すぞ」などとメッセージを送り脅した事件。千葉地裁(金子大作裁判官)は19日、脅迫罪に問われた静岡県函南町の才津勝二被告(31)に懲役6月、執行猶予3年(求刑懲役6月)の判決を言い渡した。判決を傍聴したとも子さんは「恐怖で夜も眠れず、外出もできなかった」と被害当時を振り返った。

 閉廷後、取材に応じたとも子さんは「(被告の脅迫は)来るたびにエスカレートし、夜も眠れず、昼間も家の周りを確認しないと外出できないほど恐怖を感じていた」と語り、「それでも娘が帰ってこないことの方がつらい」と沈痛な面持ちで話した。

 ネット上の中傷については「以前より減ったが、いまでも続いている。情報提供を求める限り、無くなることはないかもしれないが、娘が帰ってくるまでやめるわけにはいかない。一人一人が、相手にどう伝わるかを考えて書き込むことで私のように傷つく人は減ると思う」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ