香川の船沈没、船長釈放

 香川県坂出市沖で小学生ら62人が乗った旅客船が沈没した事故で、坂出海上保安署は21日、業務上過失往来危険の疑いで逮捕した船長の男(45)を釈放した。容疑を認めており、罪証隠滅や逃亡の恐れがないため。任意捜査で事故の原因を調べる。

 船長は釈放後、保安署前で報道陣の取材に応じ、事故が起きた現場海域について「(航行するのは)初めてでした」と話した。事前の航路調査については説明しなかった。「怖い目をさせてしまい、大変申し訳ありません」と謝罪した。

 事故は19日夕に発生。船には坂出市立川津小6年の児童52人と教員や乗組員が乗っており、全員救助された。船長は航行前に海図をよく調べず、船を岩礁に乗り上げさせた疑いがあるとして、20日に逮捕された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ