社会

ジャパンライフ、原発事故後に福島で営業強化 賠償金狙いか 

ジャパンライフ、原発事故後に福島で営業強化 賠償金狙いか 

 磁気治療器の販売預託商法などを展開し、約2400億円の負債を抱え破綻した「ジャパンライフ」の巨額詐欺事件で、同社が東京電力福島第1原発事故後、福島県内の営業を強化していたことが21日、関係者への取材で分かった。警視庁などの合同捜査本部は、原発事故による被災者への賠償金を狙った可…[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ