社会

台風19号 42年ぶり台風に命名か 気象庁、来年5月までに判断

台風19号 42年ぶり台風に命名か 気象庁、来年5月までに判断

 東日本の広範囲に被害を出した台風19号について、気象庁は名称を付けるかどうか検討する。命名されれば「令和元年◯◯台風」となり、◯◯には地名が入ることになる。台風に命名する場合は被害規模などのほか、「伝承に必要」という基準もあり、この基準に該当するかどうか、来年5月までに判断する…[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ