「任侠山口組」関係者の射殺事件 男と言い争い、つかみ合いの末に頭部銃撃される

前の写真へ
次の写真へ
発砲事件があった現場付近を調べる兵庫県警の捜査員=12日午前、神戸市長田区(本社ヘリから)

発砲事件があった現場付近を調べる兵庫県警の捜査員=12日午前、神戸市長田区(本社ヘリから)

 神戸市長田区で指定暴力団神戸山口組から離脱した新組織「任侠山口組」関係者の楠本勇浩さん(44)が射殺された事件で、楠本さんは犯人グループの男と言い争い、つかみ合いになった末に頭部を銃撃されたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。目撃証言などから、男は神戸山口組傘下組織の組員とみられ、長田署捜査本部が行方を追っている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ