O157 3歳児死亡 ずさん管理、感染源か 客が総菜取り分け「検査態勢の盲点」

O157に感染して死亡した3歳女児が食べた総菜を販売した「でりしゃす六供店」=13日、前橋市六供町(住谷早紀撮影)

O157に感染して死亡した3歳女児が食べた総菜を販売した「でりしゃす六供店」=13日、前橋市六供町(住谷早紀撮影)

 埼玉、群馬両県の系列総菜店で販売されたポテトサラダなどを食べた客から腸管出血性大腸菌O157が相次いで検出された問題は、感染源の特定に至らない中で、東京都内の女児=当時(3)=が死亡するという最悪の事態に至った。女児が口にしていたのはポテトサラダのような「生」の食品ではなく、炒め物だった。13日に会見した前橋市衛生検査課の担当者は、発症当時の店側のずさんな衛生管理態勢や、販売形態が今回の被害につながった可能性を指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ