「遊び」「罰ゲーム」「死ね」 大津いじめ自殺、元同級生らが法廷で語ったこと

前の写真へ
大津地裁の前で取材に応じる遺族の代理人弁護士=平成29年12月14日

大津地裁の前で取材に応じる遺族の代理人弁護士=平成29年12月14日

【衝撃事件の核心】 「この6年間で、息子への謝罪の気持ちを持ったことはありますか」。中学生の息子を亡くした父は法廷でこう問いかけた。平成23年に大津市立中2年の男子生徒=当時(13)=が自殺したのは「いじめが原因」として、遺族が元同級生らに損害賠償を求めた訴訟。昨年秋から年末にかけ、大津地裁で元同級生らの証人尋問が行われた。事件から6年を経て、初めて法廷に立った元同級生ら。いじめ防止対策推進法が制定されるきっかけにもなった大津いじめ事件だが、公開の場で元同級生は何を語ったのか。(取材班)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ