建設アスベスト訴訟、国に22億円賠償命じる 「一人親方」も救済

「建設アスベスト訴訟」の控訴審判決後で勝訴し、「勝訴」の垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後、東京高裁前

「建設アスベスト訴訟」の控訴審判決後で勝訴し、「勝訴」の垂れ幕を掲げる弁護士=14日午後、東京高裁前

 建設現場で建材に含まれるアスベスト(石綿)を吸い、肺がんなどを発症したとして、元労働者や遺族ら計354人が国と建材メーカー42社に計約118億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が14日、東京高裁であった。大段亨裁判長は「国が事業者に防塵マスクの着用や警告表示を義務づけなかったことは違法」として、1審東京地裁に続いて国の責任を認定。個人事業主の「一人親方」も含めて救済対象とし、原告327人に計約22億8千万円を支払うよう命じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ