新潟女児殺害 「列車にひかせるため線路に…」と小林遼容疑者 事故に偽装か?

前の写真へ
大桃珠生さんの遺体発見現場近くの献花台には、13日も花を手向け、手を合わせる人の姿が絶えなかった=新潟市西区青山水道(宮崎瑞穂撮影)

大桃珠生さんの遺体発見現場近くの献花台には、13日も花を手向け、手を合わせる人の姿が絶えなかった=新潟市西区青山水道(宮崎瑞穂撮影)

 新潟市西区の小学2年、大桃珠生さん(7)が殺害された事件で、死体遺棄などの容疑で逮捕された近くの会社員、小林遼容疑者(23)が「列車にひかせるため線路に遺体を置いた」と供述していることが16日、捜査関係者への取材で分かった。殺害を認める供述もしており、新潟西署捜査本部は発覚を免れるため事故を装ったとみて、経緯を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ