大阪北部地震 エコノミークラス症候群に注意を 循環器学会など注意呼びかけ、熊本で課題に

 大阪北部地震をめぐり、長期間の避難所生活や車中泊を余儀なくされる被災者が、静脈にできた血栓が肺などの血管に流れて詰まる「エコノミークラス症候群」に見舞われる危険性があるとして、医療関係者が注意を呼びかけている。平成28年の熊本地震では死者も出ており、関係者は「適切な運動と水分補給が重要になる」と指摘。巡回指導なども始まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ