オウム死刑執行 元幹部・上祐史浩氏「アレフ拡大抑止など事件再発防止に努める」

次の写真へ
麻原死刑囚ら、オウム真理教関係者の死刑執行を受け会見する、教団の元幹部で、ひかりの輪代表の上祐史浩氏=6日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ(三尾郁恵撮影)

麻原死刑囚ら、オウム真理教関係者の死刑執行を受け会見する、教団の元幹部で、ひかりの輪代表の上祐史浩氏=6日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ(三尾郁恵撮影)

 オウム真理教の後継団体とされる「アレフ」から、教団元幹部の上祐史浩(じょうゆう・ふみひろ)氏(55)が分派、設立した「ひかりの輪」が6日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見した。元幹部ら7人の死刑が執行されたことについて、上祐氏は「よりいっそう被害者賠償に努めるとともに、アレフの拡大抑止などの事件再発防止に努めていく」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ