麻原元死刑囚、執行7分前に残した“不吉な遺言”の謎 オウム残党暴発の恐れも

麻原彰晃元死刑囚(1990年撮影)

麻原彰晃元死刑囚(1990年撮影)

 死刑が執行されたオウム真理教の麻原彰晃(本名・松本智津夫)元死刑囚=執行当時(63)=の遺体が9日午前、東京都内の葬祭場で火葬された。麻原元死刑囚が執行直前の「遺言」で指名した四女(29)が遺骨を引き取ることに決まったが、妻(59)や三女(35)らは反発している。遺族間の骨肉の争いをきっかけにオウム残党が暴発する恐れもあるとみて、公安当局は警戒を強めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ