西日本豪雨 岡山県の防災メール最大2時間遅延 192万件、倉敷・真備も

土砂が乾き白っぽく染まった町=11日午前9時54分、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影) 

土砂が乾き白っぽく染まった町=11日午前9時54分、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影) 

 岡山県は12日、西日本豪雨があった6日夜から7日午前にかけ、県の「おかやま防災情報メール」のシステムトラブルで、大雨の特別警報が発表されたことや各地の避難指示などを伝えるメール約192万件の配信が最大約2時間遅れたと発表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ