ゴーン容疑者出廷詳報(1)やつれた印象も、カリスマ健在 はっきりした口調で「カルロス・ゴーン・ビシャラ」

前の写真へ
次の写真へ
2つの特別背任容疑をめぐる主張

2つの特別背任容疑をめぐる主張

 《日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、裁判所が公開の法廷で勾留理由を説明する手続きが8日、東京地裁(多田裕一裁判官)で始まった。世界的なカリスマ経営者が逮捕され、世界に衝撃を与えた「ゴーン・ショック」から1カ月半余り。ゴーン容疑者が初めて公の場に立つことになり、その発言に注目が集まっている》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ