ゴーン容疑者出廷詳報(2)裁判官「罪証隠滅の恐れあり」勾留理由を説明

2つの特別背任容疑をめぐる主張

2つの特別背任容疑をめぐる主張

 《日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が逮捕後、初めて公の場に立った。私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任事件で、裁判所が公開の法廷で勾留理由を説明する手続きが東京地裁で続く。裁判官が氏名や生年月日、住所などを尋ねる「人定質問」が終わると、裁判官は女性通訳を介して、立ったまま人定質問に応じていたゴーン容疑者に語りかけた》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ