ゴーン容疑者出廷詳報(6)「検察官、裁判官は3者合意を看過」 弁護人の元特捜部長

東京地裁に入る大鶴基成弁護士=8日午前、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

東京地裁に入る大鶴基成弁護士=8日午前、東京都千代田区(萩原悠久人撮影)

 《私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとされる特別背任容疑で再逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)。8日に東京地裁で行われた勾留理由開示手続きで自ら意見陳述に立ち、「容疑はいわれのないもの」「不当に勾留されている」と潔白を訴えた。続いて、ゴーン容疑者の弁護人が、無罪主張の詳細について法廷で説明する》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ