容疑者の権利か 真相解明か 弁護士会「取り調べ立ち会いを」

取り調べ時の弁護士の立ち会いについて討論する弁護士や識者ら=平成30年11月30日、大阪市北区の大阪弁護士会館(矢田幸己撮影)

取り調べ時の弁護士の立ち会いについて討論する弁護士や識者ら=平成30年11月30日、大阪市北区の大阪弁護士会館(矢田幸己撮影)

 刑事司法改革で録音・録画(可視化)や司法取引など捜査機関の取り調べが変容している中、取り調べに弁護士を立ち会わせるよう求める動きが、弁護士会を中心に活発化している。「公平な取り調べにつながる」と声が上がる一方、捜査現場は「真相解明が遠のく」と警戒する。日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)の事件で日本の刑事司法手続きのあり方が国内外で議論されているが、取り調べをめぐる動向も注目される。(矢田幸己)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ