「暴行止められず反省」小4女児死亡、逮捕の母供述

前の写真へ
次の写真へ
千葉県警松戸署に移送された栗原なぎさ容疑者(中央)=4日午後

千葉県警松戸署に移送された栗原なぎさ容疑者(中央)=4日午後

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が自宅浴室で死亡した事件で、父親の勇一郎容疑者(41)=傷害容疑で逮捕=と共謀し心愛さんに暴行したとして、県警が同容疑で4日に逮捕した母親のなぎさ容疑者(31)が「暴行を止められなかったことを反省している」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。県警はなぎさ容疑者が勇一郎容疑者を制止せず、黙認していたとみて詳しい状況を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ