偽装「そろそろお歳暮を」 ゴーン被告送金指示 日産役員が担当者に

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(64)が日産子会社から中東の販売代理店に支出させた計約52億円が、インセンティブ(報奨金)に偽装されていた疑いのあることが6日、判明した。「そろそろ代理店にお歳暮をあげる時期だからシナリオを用意して」。ゴーン被告から送金指示を受けた日産役員は、こんな言い回しで正当な支出に見せかけるよう担当者に命じていたという。(ドバイ 山本浩輔)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ