京アニ放火 「着色のプロ」の娘、安否不明に心痛の父「顔見たい。それだけ」

前の写真へ
安否がわからなくなっている京都アニメーション社員の津田幸恵さん(津田伸一さん提供)

安否がわからなくなっている京都アニメーション社員の津田幸恵さん(津田伸一さん提供)

 「しんどいなんて聞いたことがない。人一倍努力家な娘なんです」。アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)のスタジオ放火事件で、安否が分からない社員の津田幸恵(さちえ)さん(41)の帰りを、父の伸一さん(69)=兵庫県加古川市=は待ち続けている。幼いころから絵を書くのが好きでアニメの世界に飛び込む夢をかなえ、「着色」のプロとして活躍する娘。「幸恵に会いたい。顔がみたい。ただそれだけです」。つたう涙に言葉を詰まらせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ