京アニ放火 バケツに向きしゃがむ男、叫び声と同時に炎・煙…発生時の第1スタジオは 

放火された京都アニメーションの第一スタジオ前では多くの人が犠牲者を悼んでいた=31日午前、京都市伏見区(永田直也撮影)

放火された京都アニメーションの第一スタジオ前では多くの人が犠牲者を悼んでいた=31日午前、京都市伏見区(永田直也撮影)

 アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ、本社・京都府宇治市)の放火殺人事件。現場となった第1スタジオ(京都市伏見区)には発生時、20~60代の社員ら71人がいた。激しい炎と真っ黒な煙が社員らを襲ったのは、ちょうどスタジオ内が慌ただしさを増す朝の時間帯だった。事件は8月1日で2週間。被害の実態を解明するため捜査が続く中、脱出した社員の証言や京都府警、市消防本部、会社などへの取材で当時の様子が次第に明らかになってきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ