常磐道あおり運転、供述で浮かぶ宮崎容疑者の人物像

送検のため、取手署を出た宮崎文夫容疑者(左)=20日、茨城県取手市(古厩正樹撮影)

送検のため、取手署を出た宮崎文夫容疑者(左)=20日、茨城県取手市(古厩正樹撮影)

 茨城県守谷市の常磐自動車道でのあおり運転殴打事件で、傷害容疑で会社役員の宮崎文夫容疑者(43)が逮捕されてから、28日で10日になる。「頭にきて追いかけた」「頭にきたので殴った」…。取材で明らかになった宮崎容疑者の供述からは、自らの「怒り」をコントロールすることを不得手とする人物像が浮かぶ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ