行方不明から1週間 靴も履かずに助け求め… なぜ450キロ離れた栃木に? 大阪不明女児保護

小山署に集まった報道陣=23日午後、栃木県小山市(鴨川一也撮影)

小山署に集まった報道陣=23日午後、栃木県小山市(鴨川一也撮影)

 行方が分からなくなってから1週間。大阪市住吉区の小学6年の女児(12)が保護されたのは約450キロも離れた栃木県小山市だった。「男の家から逃げてきました」。靴も履かずに駆け込んだ交番で女児は助けを求め、「家には別の女の子もいた」と説明。女児と一緒にいた男(35)は身柄を確保され、別の少女も保護された。女児はSNSで男と連絡を取ったという。いったい何が起きていたのか。事件は急展開を迎えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ