宮城で仮設住宅の入居開始 台風19号、大郷町で45戸

次の写真へ
台風19号被災者向けの仮設住宅への入居が始まり、部屋を訪れた鎌田真智子さん(右)夫妻=29日午前、宮城県大郷町

台風19号被災者向けの仮設住宅への入居が始まり、部屋を訪れた鎌田真智子さん(右)夫妻=29日午前、宮城県大郷町

 台風19号で広範囲が浸水した宮城県大郷町で29日、プレハブ仮設住宅への入居が始まった。軽量鉄骨平屋45戸に37世帯が分散して入る。今回の台風被害による仮設住宅の供用が始まるのは県内で初めて。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ