新幹線殺傷 「死刑になりたくない」 適用基準を「逆手」 無期求刑に批判も

 新幹線の乗客が殺傷された事件の判決で、傍聴券の当選発表を待つ人たち=18日午後、横浜地裁小田原支部

 新幹線の乗客が殺傷された事件の判決で、傍聴券の当選発表を待つ人たち=18日午後、横浜地裁小田原支部

 東海道新幹線の車内で昨年6月、乗客の男女3人が殺傷された事件で殺人や殺人未遂の罪に問われ、18日の横浜地裁小田原支部の裁判員裁判の判決公判で無期懲役を言い渡された小島一朗被告(23)は、捜査段階で「死刑になりたくないが、無期懲役ならいい」と供述。公判でも「3人殺せば死刑になるので、2人までにしておこうと思った」と口にするなど、「死刑適用基準」を逆手に取ったように、「計画性」をうかがわせる発言をしていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ