阪神大震災25年 災害救助、AIで変わる SNS分析…素早く把握

SNSを活用した災害情報収集のイメージ

SNSを活用した災害情報収集のイメージ

 災害発生時に被災者がツイッターなどSNSに寄せる投稿をAI(人工知能)などで分析し、迅速な情報収集や、救助や避難などに役立てる取り組みが進んでいる。自治体などが無料通信アプリ「LINE(ライン)」上で市民から災害情報を募ったり、インターネット上で市民同士が情報共有したりして迅速な避難を促す動きも。阪神大震災から25年を迎え、災害時の情報収集の在り方も変わりつつある。(有年由貴子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ