「犯行に大麻の影響なし」相模原殺傷第12回公判、医師証言

植松聖容疑者(桐原正道撮影)※一部画像処理しています

植松聖容疑者(桐原正道撮影)※一部画像処理しています

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で平成28年7月、入所者ら45人が殺傷された事件で、殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告(30)の裁判員裁判の第12回公判が7日、横浜地裁(青沼潔裁判長)で開かれた。植松被告の精神鑑定をした医師が出廷。被告を大麻中毒だと認定した一方、犯行に大麻が及ぼした影響については「影響がないか、影響を与えないほど限定的だった」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ