大雨特別警報を警報に切り替えの見通し 「引き続き安全確保を」

建物が水浸しになった人吉市内=4日午前、熊本県人吉市(読者提供)

建物が水浸しになった人吉市内=4日午前、熊本県人吉市(読者提供)

 熊本、鹿児島両県に発令されていた大雨特別警報をめぐり、国土交通省と気象庁が合同で記者会見を開き、特別警報が警報に切り替わる見通しだと明らかにした。今後の降水量などを基に判断する。ただ、熊本県を流れる球磨川が氾濫し、今後も水位が高い状態が続くため「油断することなく自治体の避難勧告などに従って身の安全の確保を」と呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ