豪雨被災地で捜索続く 熊本南部、被害拡大の恐れ

熊本県人吉市の避難所。新型コロナウイルス対策でマットの間隔を空けて配置していた=4日夜

熊本県人吉市の避難所。新型コロナウイルス対策でマットの間隔を空けて配置していた=4日夜

 熊本県南部を襲った豪雨で、警察や消防、自衛隊は5日、行方不明者の捜索や被災者の救助活動を続けた。球磨川は上流から下流にわたり広範囲で氾濫。山間部を中心に救助の手が届いていない地域もあり、被害規模が拡大する可能性がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ