西日本豪雨2年 真備町で追悼の「万燈会」

西日本豪雨から2年。万燈会で鎮魂と復興への願いが込められた灯籠を見つめる親子=6日午後、岡山県倉敷市真備町(渡辺恭晃撮影)

西日本豪雨から2年。万燈会で鎮魂と復興への願いが込められた灯籠を見つめる親子=6日午後、岡山県倉敷市真備町(渡辺恭晃撮影)

 平成30年7月の西日本豪雨で最初の大雨特別警報が出て2年となった6日、岡山県倉敷市真備(まび)町地区で、犠牲者の追悼や町の復興を願って灯籠を灯す法要「万燈会(まんとうえ)」があり、参列者らは千個の灯籠に鎮魂の祈りを託した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ