前線停滞、災害警戒続く 九州3県の特別警報維持

福岡市の繁華街・天神の交差点で、傘を差して歩く人たち=7日午前

福岡市の繁華街・天神の交差点で、傘を差して歩く人たち=7日午前

 停滞する梅雨前線の影響で九州北部を中心に猛烈な雨が降って土砂災害の危険度が極めて高まっているとして気象庁は7日、福岡、佐賀、長崎3県の一部自治体への大雨特別警報を維持し、最大級の警戒を呼び掛けた。西日本から東北にかけても8日にかけて非常に激しい雨が降る見通し。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ