九州豪雨、死者56人 避難指示138万人に

前の写真へ
大雨で冠水した福岡県大牟田市の住宅街。住民の女性(奥右から2人目)が不安そうに見つめていた=7日午後0時30分

大雨で冠水した福岡県大牟田市の住宅街。住民の女性(奥右から2人目)が不安そうに見つめていた=7日午後0時30分

 活発な梅雨前線の影響で九州は7日も広い範囲で記録的な大雨になり、河川が氾濫し温泉街や病院が浸水するなど各地で被害が拡大した。同日午後、福岡県で1人、熊本県で3人の死者が新たに判明、犠牲者は両県の56人になった。心肺停止は2人、行方不明は熊本、大分、鹿児島3県の12人。8日も雨になる見通しで、気象庁は浸水や土砂災害に引き続き厳重に警戒するよう呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ