梅雨前線北上、大雨の恐れ 西日本と東日本

次の写真へ
気象庁

気象庁

 気象庁は9日、梅雨前線が北上し、西日本や東日本で10日にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降ると発表した。これまでの記録的な大雨で土砂災害や洪水の危険度が高い状況が続いているとして、浸水、河川の増水・氾濫などに警戒を呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ