孫の結婚式前に悲劇「阪神」でも被災の夫婦 熊本

次の写真へ
「もっと生きたかっただろうに」と悔しさをにじませた丸橋ミチ子さんの妹、松本チエ子さん=熊本県津奈木町

「もっと生きたかっただろうに」と悔しさをにじませた丸橋ミチ子さんの妹、松本チエ子さん=熊本県津奈木町

 かわいがってきた孫の晴れ姿をみることは、かなわなかった。熊本県南部を襲った豪雨で犠牲になった同県津奈木(つなぎ)町の農家、丸橋勇さん(85)。平成7年の阪神大震災で被災し同町に転居していた。新型コロナウイルスの影響で1年後に延期された孫の結婚式を楽しみにしていた矢先で、妻のミチ子さん(83)、長男の貴孝さん(58)も行方不明に。家族の幸せは、一瞬にして奪われた。(中井芳野)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ