地盤の緩み、災害警戒を 前線影響、西日本や東北で

豪雨の爪痕が残る熊本県球磨村は週末を迎え、自宅の片づけに訪れる住民もみられた=12日午前(渡辺恭晃撮影)

豪雨の爪痕が残る熊本県球磨村は週末を迎え、自宅の片づけに訪れる住民もみられた=12日午前(渡辺恭晃撮影)

 梅雨前線や低気圧の影響で、12日は西日本や東北を中心に雨が降った。これまでの記録的大雨で地盤が緩んでいる地域では、少しの雨でも災害の危険度が高まっている。気象庁は同日、引き続き土砂災害、河川の増水や氾濫、低地の浸水に厳重な警戒を呼び掛けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ