続く大雨 土砂災害警戒 地盤緩み少しの雨でも警戒レベル高まる

次の写真へ
長野県飯田市の斜面崩落現場=13日午前

長野県飯田市の斜面崩落現場=13日午前

 九州を中心に続く記録的な豪雨被害について、大雨は今後も続く見通しで、各地で土砂災害が発生する恐れが高まっている。12日夜には長野県内で斜面が崩壊し、男性1人が死亡。雨が地中に浸み込んでたまり、地盤が弱まっているのが原因で、専門家は「少しの雨で警戒のレベルが一気に高まる地域がまだ広がっている」と、厳重な警戒を呼び掛けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ