九州豪雨 JR17路線345カ所で被害 3セク含め復旧長期化

線路が土砂に埋まったJR肥薩線の坂本駅=熊本県八代市

線路が土砂に埋まったJR肥薩線の坂本駅=熊本県八代市

 九州地方に大きな被害をもたらした豪雨の鉄路への被災状況が明らかになってきた。JR九州は13日、大規模な土砂流入や鉄橋・盛り土の流出など計17路線、345カ所の被害が判明したと発表した。特に久大線や肥薩線、鹿児島線の3路線で被害が大きく、熊本と鹿児島県内を走る第3セクター路線も厳しい状況だ。いずれも完全復旧に要する時間は長引くとみられ、費用は各社の経営を圧迫する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ