コロナ禍の避難所「想定外」で収容人数見直し相次ぐ

前の写真へ
避難所となっている八代市総合体育館。パーティションで仕切られている=14日午後4時36分、熊本県八代市(鳥越瑞絵撮影)

避難所となっている八代市総合体育館。パーティションで仕切られている=14日午後4時36分、熊本県八代市(鳥越瑞絵撮影)

 九州の広い範囲を襲った豪雨の被災地では、新型コロナウイルスの感染が広がる中で初となる大規模な避難所運営が行われている。各自治体では避難者の検温や距離の確保など感染症対策に追われるが、避難所によっては収容可能人数を大幅に上回る避難者が詰めかける「想定外」も発生。通路などのスペース不足が明らかとなり、事前想定を修正する事例も相次いでいる。(有年由貴子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ