故郷の復興支え合って 熊本・球磨、祖父亡くした村職員奔走

被災後、避難所の運営に奔走してきた地下翔太さん=熊本県人吉市(渡辺恭晃撮影)

被災後、避難所の運営に奔走してきた地下翔太さん=熊本県人吉市(渡辺恭晃撮影)

 九州を襲った豪雨では球磨(くま)川が氾濫し、熊本県球磨村は被災地最多の25人が死亡するなど甚大な被害を受けた。村職員らは、自宅や大切な人を失いながらも連日、住民らの生活支援や復旧作業に奔走。悲しみと故郷への思いを胸に、一歩ずつ村の復興に向けて歩みを進めている。(有年由貴子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ