震災10年 帰れない故郷、先祖、家族の思い…次世代へ「家系図」でつなぐ

「故郷に戻れないなら、そこで先祖代々生きていた証がほしかった」と、つくった家系図を見る、未だ帰還困難区域となっている飯舘村長泥地区の鴫原良友さん=11日、福島市飯野町(松本健吾撮影)

「故郷に戻れないなら、そこで先祖代々生きていた証がほしかった」と、つくった家系図を見る、未だ帰還困難区域となっている飯舘村長泥地区の鴫原良友さん=11日、福島市飯野町(松本健吾撮影)

 東京電力福島第1原発事故で全村避難となった福島県飯舘村は、一部地域を除き避難指示が解除されたが、帰還を断念した村民は少なくない。戻ることのなくなった故郷や先祖、家族の思いと歴史を次世代へ引き継ぐためにはどうしたらいいのか。同村の元職員で行政書士の男性は今、避難者らの依頼をもとに「家系図」の制作を行っている。そこにあるのは、原発事故によって故郷に戻れなくなった住民たちの「心の整理」だ。(大渡美咲)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ