【くらしナビ】骨粗鬆症 早期発見・治療を 自覚症状乏しく要介護の一因

 高齢化に伴い増加する「骨粗鬆(こつそしょう)症」。患者は全国で約1300万人と推定されるが、実際に治療を受けているのは患者全体の20~25%といわれる。

 「骨粗鬆症は骨の強度が低下し、骨折リスクが高くなる」と指摘するのは、鳥取大学医学部の萩野浩教授。高齢者の場合、1回の骨折が引き金となって、運動機能が落ちたりバランスが悪くなったりして、連鎖的に別の場所も骨折する“ドミノ骨折”の危険性に警鐘を鳴らす。体を動かすために必要な骨や関節、神経など「運動器」の働きが損なわれると、要介護の大きな原因にもなってしまう。

 注意したいのは、骨粗鬆症の高齢者に多い足の付け根の骨折だ。特に大腿(だいたい)骨の上端で股関節に接する「近位部」を骨折すると、寝たきりになって衰弱し、命を落とす恐れもあるという。このため「骨粗鬆症は最悪の場合、“死を招く疾患”と言ってもいい」(萩野教授)。

 骨粗鬆症は自覚症状に乏しく、治療が必要とされる人であっても、気付いていない場合が多い。発症のサインとして表れやすいのは「重いものを持つと腰が痛む」「身長が縮んできた」「背中が曲がってきた」など。見かけも気持ちも若い今の高齢者の多くは「自分は違う」と思いがちだ。

 萩野教授によると、骨折経験があり、なおかつ閉経後の女性であれば、早急に骨密度を調べたほうがいい。また、糖尿病▽喫煙▽多量の飲酒▽痩せた体形▽両親が骨折の経験あり-のいずれかに該当すれば、骨折のリスクはより高くなる。現状では骨密度の測定が骨折のリスクを示す一つの指標となる。

 さらに「薬で骨粗鬆症の進行を抑えることができる」と萩野教授。最近は骨粗鬆症の新薬も相次いで登場している。年に1回のペースの点滴投与だけで効果が持続する治療薬なども国から承認を受け、年内にも保険適用される見通しだ。「通院が面倒」といった患者もこれまでよりは楽になり、ライフスタイルに合った治療法を選択できる。萩野教授は「薬物治療が必要とされる人を早期に発見し、治療に結びつけることが重要だ」としている。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ