8300年前・縄文早期の人骨発見 国学院大学 国内最古級、当時の暮らし解明へ

 国学院大学(渋谷区)の考古学研究室が群馬県長野原町の居家以岩陰(いやいいわかげ)遺跡で発掘した人骨が、約8300年前にあたる縄文早期中頃に埋葬されたものとみられることがわかった。埋葬人骨としては国内最古級とみられ、「日本人のルーツ」とされる縄文人について、体の特徴や生活様式などの解明につながると期待されている。(鈴木美帆)

 発掘は平成26年から実施され、今年は8、9月に考古学専攻の学生や大学院生らが参加して行われた。昨年の調査で埋葬人骨の背骨の一部が発見されており、年代測定の結果約8300年前の縄文早期中頃のものと判明。今回の調査で、全体が発掘された。

 人骨は、地面に掘った土壙(どこう)(墓穴)の中で、ひざを折り曲げて体を丸める「屈葬」と呼ばれる方法で埋葬されていた。縄文早期以降に多く見られ、埋葬人骨としては国内最古級。ほぼ完全体で発掘された人骨としても珍しい。人骨は、壮年の女性とみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ