実物大ガンダム立像はいま…展示終了前に会いに行く あの感動は再びよみがえるか

【カメラを持って出かけよう!】

「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」=東京都江東区のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場(撮影・津田克仁) (C)創通・サンライズ

「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」=東京都江東区のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場(撮影・津田克仁) (C)創通・サンライズ

 東京・お台場のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場に設置された「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」の立像展示が2017年3月5日をもって終了する。また、『機動戦士ガンダム』の世界観や歴史を体験できる施設「ガンダムフロント東京」も同年4月5日で閉館されるという。発表後、ネット上などでは立像の展示終了を惜しむ声や、次に控えた新プロジェクトに期待する意見が数多く見られた。「立像が展示終了される前に今一度ガンダムの魅力を体感せねば…」。急きょ、お台場まで足を運んだ。(産経デジタル イザ編集部 津田克仁)

「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」とともに記念撮影する来場者=東京都江東区のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場(撮影・津田克仁) (C)創通・サンライズ

「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」とともに記念撮影する来場者=東京都江東区のダイバーシティ東京 プラザ2Fフェスティバル広場(撮影・津田克仁) (C)創通・サンライズ

 取材当日は快晴ながら、お台場という立地条件もあって風が強かった。東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)の「台場」駅から5分ほど歩くと、お目当ての実物大ガンダム立像の姿が見えてきた。ガンダム立像を直接見るのは今回で3度目だ。2009年夏に初登場したときの感動は今も記憶に残っている。当時、詰めかけた来場者の多さと熱気に驚かされたものだ。さて、現在はどうなっているのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ