通勤電車から新幹線まで…精密なミニチュア 鉄道模型の世界を撮る ヨコハマ鉄道模型フェスタ2017

【カメラを持って出かけよう!】

レイアウトを走行する京浜急行の電車。グリーンマックス製Nゲージ=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

レイアウトを走行する京浜急行の電車。グリーンマックス製Nゲージ=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

 鉄道模型メーカーや車輛製造会社が出展する人気イベント「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2017」(主催・鉄道模型振興会)が3日、横浜市の横浜ランドマークホール(横浜ランドマークプラザ)で開催された。入場無料、5日まで。(文・写真 イザ編集部 長谷川悠人)

レイアウトを走行するH5系新幹線とE2系新幹線。トミーテック製Nゲージ=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

レイアウトを走行するH5系新幹線とE2系新幹線。トミーテック製Nゲージ=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

 HOゲージとNゲージを使った鉄道模型の走行展示をはじめ、スクリーンを使用した映像や照明を組み込んだ模型による夜景演出など、鉄道ファンを楽しませる工夫が随所に見られた。人気の運転体験コーナーは、Nゲージ運転体験とNゲージ線路組立体験の2コースが用意された。また、江ノ島電鉄のマスコットキャラクター「えのん」と東急電鉄のマスコットキャラクター「のるるん」も登場、子どもたちとの記念撮影を行いイベントを盛り上げた。

東急電鉄のマスコットキャラクター「のるるん」(左)と江ノ島電鉄のマスコットキャラクター「えのん」=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

東急電鉄のマスコットキャラクター「のるるん」(左)と江ノ島電鉄のマスコットキャラクター「えのん」=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

会場内の様子(画像を一部加工しています)=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

会場内の様子(画像を一部加工しています)=神奈川県横浜市西区ランドマークプラザ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ