飼い猫数が犬を逆転!? 「ツンデレ」にぞっこん…カフェ、アプリも人気

 空前の猫ブームの中、家庭などで飼われる猫の数が飼い犬の数に肉薄している。業界団体の推計では、4年前は約180万匹あった差が昨年は約3万匹にまで縮まった。地域住民が共同で世話をするパターンもあり、実数はすでに逆転しているとの見方もある。今月22日は「2(ニャン)」が3つ並ぶ「猫の日」。カフェや動画投稿アプリなど関連ビジネスも活況に沸く。

 17日午後、大阪市北区の猫カフェ「にあにゃあ」。訪れた“猫派”が、猫を触るなどして思い思いの時間を過ごしていた。

 大阪府八尾市の看護師、山口真美さん(34)は初来店。自宅で3匹を飼っているというが「普段はよそよそしいのにエサがほしいときは甘えてくる、そんな『ツンデレ』ぶりが魅力です」と笑顔を見せる。

 同店は昨年6月にオープンし、累計の来客数は9千人を超えた。男性の来客も多く、1人で訪れる仕事帰りのサラリーマンも珍しくないという。

 ペットフード協会(東京)の調査によると、平成28年の全国推計飼育数は、犬が約987万8千匹、猫が約984万7千匹で差は約3万匹。

 24年の調査では犬の約1153万4千匹に対し猫は約974万8千匹だった。猫の飼育数が増える一方で、犬が大きく減少しているのが分かる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ