無知と流言がパニック招いた“神戸エイズパニック” やっかいなのは今の時代

【関西の議論】

 「国際都市に“招かざる客”」「ネオン街に衝撃」。センセーショナルな見出しが新聞紙面に躍ったのは、30年前の昭和62年1月18日。日本で初めて女性のエイズ患者が神戸市で確認された翌日のことだった。エイズは同性間の性交渉で感染するといわれていた当時、同性愛者ではない患者が出たことが分かり、国内に空前のパニックを引き起こした。近年もデング熱やジカ熱、エボラ出血熱といった新たな感染症が世間をにぎわせ、その度に社会に不安が広がる。パンデミック(感染症の世界的流行)が日本を襲ったとき、私たちはどう向き合えばいいのだろうか。

 過熱した報道

 「普通の生活をしていれば、感染するおそれはありません」

 62年1月17日、日本初の女性エイズ患者の確認を発表した記者会見の場で、兵庫県の担当者はそう言い切り、“ごく一部”の人の病気であることを強調した。

 エイズは免疫細胞を破壊するHIV(エイズウイルス、ヒト免疫不全ウイルス)によって発症する。輸血や性交渉などを通じて感染すると、次第に免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなる。当時は治療薬がなく、確実に死に至る不治の病とされた。

 当時の報道によると、女性は神戸市在住の29歳。61年夏ごろから体調不良を訴え、同11月に市内の病院に入院。肺炎と診断されたものの高熱が続き、別の病院に転院後、エイズ患者特有のカリニ肺炎と診断されたとされる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ