【教えて!goo】活況を見せるシニア婚活、性や相続でトラブルも…

 熟年離婚が増えているとは聞いていたが、年金分割制度がそれを後押ししていたとは。厚生労働省の職員が聞いたらどう思うのか気になるところである。また、ネットも高齢者の婚活に一役買っているという。

「インターネットにより、私どもが開催しているようなシニアの婚活情報を集めやすい状況になったことも大きいですね。当社の『シニアお見合いパーティー』も、10年前は月1回開催だったものが、今では週1~2回と10倍以上になりました」(立花さん)

 まさに大盛況といえるシニアの婚活状況だ。

 ■シニアゆえの性に関するトラブル

 盛り上がっているシニア婚活ではあるが、問題もあるという。

「いろいろありますが、まず性についての感覚です。これは男女間でかなりギャップがあります。男性は年齢的にも現役ラストスパートという時期なので、性欲が強めです。対して女性は更年期以降の年代なので、性的なことから離れて癒やされたい、という感覚の人が多いです。トラブルの実例として、お見合いパーティーで出会ってカップルになったはよいものの、直ぐにホテルや旅行に誘われて不快な思いをした、という話がありました」(立花さん)

 「性」の感覚に性差あり、という例が多々あるとのこと。それにしても「老いてなお盛ん」なのは男たちだったとは……。他では「相続」に絡んだトラブルが目立つようだ。

「シニア婚活に関するトラブルで一番多いのが相続に関するものです。子供が反対しているにもかかわらず、それを押し切る形で再婚(入籍)する人もいます」(立花さん)

 再婚(入籍)をするとなると遺産相続など金銭問題も関わってくるため、家族、特に子供の理解が不可欠。この入籍に関する価値観が、高齢者の婚活では特に重要なポイントになってくるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧