奄美で「対馬丸」慰霊碑除幕式 生存者や遺族参加

 太平洋戦争中の昭和19年8月、沖縄から長崎に向かう途中に米潜水艦の魚雷攻撃を受け、撃沈された学童疎開船「対馬丸」の慰霊碑の除幕式が19日、当時、多くの遺体が漂着した鹿児島県・奄美大島の宇検(うけん)村の船越海岸で行われた=写真。犠牲者約1500人のうち、千人余りが子どもだった。

 地元住民らでつくる実行委員会が建立した。生存者や遺族ら計約100人が出席した。

 対馬丸はトカラ列島の悪石島近くで撃沈された。当時助かった21人のうちの1人で、9歳で6日間、漂流した後、救護された沖縄県大宜味村の平良啓子さん(82)は「奄美大島の人たちの情けは忘れません」と感無量の表情で話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧