「山でキャビア」生産軌道に 新見の業者、20年来の挑戦実る

 山で採れた国産キャビアはいかが-。岡山県新見市で、チョウザメの卵を塩漬けにして作る世界三大珍味の一つ、キャビアを生産する事業が軌道に乗り始めた。20年来の挑戦が実を結び、清流を生かした特産品になりつつある。

 山間地の約6千平方メートルの広大な敷地に21の養殖池が並び、大小さまざまな黒いチョウザメが悠然と泳ぐ。新見市の水産加工業「MSファーム」は約6千匹を飼育。キャビアの年間生産量は約70キロで、2022年までに240キロに増産する計画だ。

 新見市とキャビアの関係は約20年前にさかのぼる。瀬戸内海に流れ出る高梁川の伏流水を利用したアユの養殖業が盛んだったが1990年代、安い中国産に押されて売れなくなり、新見漁協は新しい養殖魚を探していた。

 ある日、組合員の川内克己さん(66)が茨城県でチョウザメ養殖に成功した企業の話を新聞で読み、淡水で育てられると知った。「山からキャビアなんて面白い」と提案したが、周囲から「山でサメを育てるなんてばかげている」と言われた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧