SEからサイバー捜査官へ異色の転身 茨城県警・白土哲也警部補

 各都道府県のサイバー捜査官が能力を競い合う「サイバーセキュリティコンテスト」の全国大会で、県警が2位の好成績を収めた。県警の代表チームでリーダーを務めた白土哲也警部補(38)は4年前、県内企業のシステムエンジニア(SE)から警察官に転身した“異色”の経歴を持つプロの捜査官。深刻化するサイバー犯罪への備えとは-。

 ◆契機は「遠隔操作」

 15年間勤めたソフトウエア開発企業の技術者から転身を決めたきっかけは、平成24年に起きた「遠隔操作ウイルス事件」だった。犯人が悪意のあるプログラムを使って他人のパソコン(PC)を遠隔操作し、ネット掲示板で無差別殺人を予告するなどした事件で、捜査当局は真犯人逮捕までに遠隔操作されたPCの持ち主ら4人を誤認逮捕する失態を演じた。

 開発したソフトウエアを守るため、事件発生の約5年前からサイバーセキュリティーの技能を培っていた白土警部補は「警察という組織で自分の技能を役立てられるのではないか」と感じた。友人の勧めもあり、同年、コンピューターの情報処理に関する有資格者を対象とした県警の「サイバー犯罪捜査官採用試験」を受験して合格。警察官として第一歩を踏み出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ